UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 52307

Vivado 合成でのデフォルトでの FSM 抽出サポート

説明

Vivado 合成では、有限ステート マシンをマップするため FSM 抽出はデフォルトでサポートされていますか。

ソリューション

2013.1 から、Vivado 合成で FSM 抽出がデフォルトでサポートされます。これはデフォルトでオンになっています。このオプションは、ステート マシンの識別をイネーブルにし、適用するエンコード方式を指定します。-fsm_extraction オプションのデフォルト設定は auto です。この設定では、ツールにより識別された各ステート マシンに対して最適なエンコード方式が選択されます。

-fsm_extraction オプションでは、次のエンコード方式を指定できます。Vivado ツールで [Project Settings] ダイアログ ボックスの [Synthesis] ページで設定するか、synth_design Tcl コマンドで -fsm_extraction を使用して設定します。

  • one_hot
  • sequential
  • johnson
  • gray

FSM の抽出をディスエーブルにする必要がある場合は、-fsm_extraction を off に設定します。

FSM の抽出は、2012.4 まではデフォルトでオフになっていました。デフォルトでオフになっていたため、有限ステート マシン HDL がロジックとして合成されていました。

AR# 52307
日付 04/25/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • Vivado Design Suite
このページをブックマークに追加