AR# 52409

14.2 EDK、AXI Ethenetlite v1.01.b - バッファーが IP でインスタンシエートされない

説明

AXI Ethernet lite IP では常にネットリストにバッファーがインスタンシエートされています。

C_INCLUDE_GLOBAL_BUFFER パラメーターが設定されているときは、BUFG が使用され、そうでない場合は IBUF が使用されます。

ソリューション

注記: ISE または PlanAhead フローに EDK システムをサブモジュールとして追加し、ツールでバッファーが正しく使用されるようにすることを推奨します。

推奨フローではなく、ネットリストを使用して EDK デザインをインスタンシエートしているケースでの回避策をこのアンサーでは説明します。

  1. インストール ディレクトリ ($XILINX_EDK\hw\XilinxProcessorIPLib\pcores\axi_ethernetlite_v1_01_b) から axi_ethernetlite_v1_01_b をコピーして、ローカル リポジトリに貼り付けます。
  2. MPD ファイルを開き、BUFFER_TYPE = IBUF タグを削除します。
           元のテキスト
 
             PORT PHY_tx_clk = "", DIR = I, PERMIT = BASE_USER, BUFFER_TYPE = IBUF, DESC = 'Ethernet Transmit Clock Input', IO_IF = ethernet_0, IO_IS = ETH_TXC
             PORT PHY_rx_clk = "", DIR = I, PERMIT = BASE_USER, BUFFER_TYPE = IBUF, DESC = 'Ethernet Receive Clock Input', IO_IF = ethernet_0, IO_IS = ETH_RXC
 
           新しいテキスト
 
            PORT PHY_tx_clk = "", DIR = I, PERMIT = BASE_USER, DESC = 'Ethernet Transmit Clock Input', IO_IF = ethernet_0, IO_IS = ETH_TXC
            PORT PHY_rx_clk = "", DIR = I, PERMIT = BASE_USER, DESC = 'Ethernet Receive Clock Input', IO_IF = ethernet_0, IO_IS = ETH_RXC

 3.   プロジェクトをクリーンアップして、インプリメントします。
    AR# 52409
    日付 06/08/2020
    ステータス アクティブ
    種類 一般
    デバイス
    ツール
    IP