AR# 5257

4.2 Foundation Express - Synopsys 内部エラー - 「Abort at 1548 : Server threw an exception (1546, 124)」というエラーメッセージが表示される

説明

キーワード : Foundation, Express, 1546, 1548, 124, synth, macro, VHDL, Verilog, abort, マクロ, 中止, 合成, 内部エラー

重要度 : 重要

概要 :
VHDL マクロを合成またはアップデート中に、次のようなエラー メッセージが表示されます。

"Synopsys Internal error
Abort at 1548"

The console reads: "Server threw an exception."

HDL プロジェクトを合成すると同様のエラー メッセージ「Abort at 1546」が表示されます。また、「Abort at 124」というメッセージも表示されます。

ソリューション

1

このエラーは、Foundation プロジェクトが破損した場合によく発生します。 簡単な回避策としては、プロジェクトを削除し、新規プロジェクトを作成します。 新しいプロジェクト ディレクトリを作成し、すべてのソース ファイル (.sch、.vhd、.v、.ucf、.mod など) をコピーします。 この場合、もう一度、デザインを合成およびインプリメントする必要があります。

2

回避策としては、Foundation Project Manager を閉じ、プロジェクト ディレクトリから dmpcomp.tmp ディレクトリを削除します。 これは、回路図フロー プロジェクトで HDL マクロを合成したときに作成される臨時の FPGA Express プロジェクトです。

HDL プロジェクトの場合、削除する FPGA Express プロジェクトのディレクトリ名はプロジェクト名と同じになります。 [プロジェクト名].exp のファイルを検索し、ひとつ上のディレクトリに移してください。


削除されたディレクトリは、HDL コードを再合成する際にもう一度作成されます。 このソリューションは「Abort at ####」のエラーに対して常に有効であるとは限りませんが、ソリューション 1 の方法を行う前に試してみることができます。

3

場合によっては、[File] → [Copy Project] をクリックしてファイルをコピーし、そのファイルに新しい名前を付けるとエラーが発生しません。
AR# 5257
日付 08/12/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般