AR# 52580

Zynq-7000, EDK 14.2 - Sleep 関数によって正しいタイミングにならない

説明


14.2 では、CP15 カウンターに基づいてスタンドアロン BSP の sleep 関数が関数を呼び出します。

CP15 は 32 ビット カウンターで、オーバーフローしやすく、結果として誤ったタイミング情報を提供する可能性があります。

ソリューション


14.3 では、CP15 カウンターの代わりにグローバル タイマーが使用され、正確なタイミング情報を提供します。

14.3 で sleep 関数を使用する場合は、14.2 で作成したタイミング制約を再評価する必要があります。
AR# 52580
日付 10/25/2012
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス