AR# 52660

2012.3 - Vivado ビットストリームから作成した QSPI PROM ファイルで FPGA をプログラムできない

説明

QSPI をターゲットにして Vivado でビットストリームを作成するとき、set_property BITSTREAM.CONFIG.SPI_BUSWIDTH 4 [current_design] という制約を使用します。

Vivado および ISE の場合、このオプションを使用する場合のデフォルト OPCODE は 0x6B、Fast Quad Read である必要があります。これは、ISE 14.3 でのデフォルトですが、Vivado 2012.2 および 2012.3 では、Fast Quad Read に必要な 0x6B の OPCODE が PROM で受信されません。

ソリューション


この問題を解決するには、次の制約を追加する必要があります。

set_property BITSTREAM.CONFIG.SPI_OPCODE 0x6B [current_design ]

この問題は 2012.4 リリースで修正される予定です。
AR# 52660
日付 10/31/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
ツール