UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 52660

2012.3 - Vivado ビットストリームから作成した QSPI PROM ファイルで FPGA をプログラムできない

説明

QSPI をターゲットにして Vivado でビットストリームを作成するとき、set_property BITSTREAM.CONFIG.SPI_BUSWIDTH 4 [current_design] という制約を使用します。

Vivado および ISE の場合、このオプションを使用する場合のデフォルト OPCODE は 0x6B、Fast Quad Read である必要があります。これは、ISE 14.3 でのデフォルトですが、Vivado 2012.2 および 2012.3 では、Fast Quad Read に必要な 0x6B の OPCODE が PROM で受信されません。

ソリューション


この問題を解決するには、次の制約を追加する必要があります。

set_property BITSTREAM.CONFIG.SPI_OPCODE 0x6B [current_design ]

この問題は 2012.4 リリースで修正される予定です。
AR# 52660
日付 10/31/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
デバイス
  • Artix-7
  • Kintex-7
  • Virtex-7
  • ??????
ツール
  • Vivado
  • ??????
このページをブックマークに追加