UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 52719

14.x 配置 - 「FATAL_ERROR:Place:PlXil_Uapflow1.c:805:1.176 - Pl_Uap_Flow1FitterRuleFastFeedbacks: bad index to sec_nodes array.」というエラー メッセージが表示される

説明

配置配線を実行すると、次の致命的エラーが発生します。

 

Phase 7.8  Global Placement
........
.........................................................................................
.............
...............................................................................................................................................................
....................
FATAL_ERROR:Place:PlXil_Uapflow1.c:805:1.176 - Pl_Uap_Flow1FitterRuleFastFeedbacks: bad index to sec_nodes array. 
   Process will terminate. この問題のテクニカル サポートが必要な場合は
   http://japan.xilinx.com/support からウェブケースを開いてください。

この問題が発生するのはなぜですか。
 

ソリューション

これは既知の問題で、ISE 13.x および 14.x で修正されています。

次に回避方法を示します。

  1. MAP で -cm speed オプションを使用しないようにします。
  2. MAP プロパティで 推奨されている-timing のフローを使用します。これは新しいアーキテクチャのデフォルトのフローで必要に応じて -cm speed オプションを使用できます。
  3. 古いアーキテクチャでは、新しい XST パーサーを使用すると、この致命的エラーを回避できます。
    XST コマンド ライン オプションに -use_new_parser yes を追加します。


 

 

AR# 52719
日付 03/23/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Spartan-3A
  • Spartan-3A DSP
  • Spartan-3AN
ツール
  • ISE Design Suite - 13.4
  • ISE Design Suite - 14.1
  • ISE Design Suite - 14.2
  • ISE Design Suite - 14.3
このページをブックマークに追加