UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 52757

2012.2 Vivado IP フロー - MVI ビデオ コアの古いバージョンをインスタンシエートする PlanAhead 14.2 プロジェクトすべてに対し、Vivado で「CRITICAL WARNING: [IP_Flow 19-141] Could not resolve XCO parameter」というメッセージが表示される

説明

MVI Video コア (ccm、cfa、scaler、enhance、timebase、ic、stats など) の古いバージョンをインスタンシエートする PlanAhead 14.2 プロジェクトを Vivado へ移行すると、移行終了間際に Vivado ツールで次のようなメッセージが表示されます。

CRITICAL WARNING: [IP_Flow 19-141] Could not resolve XCO parameter <parameter name>


コアは赤色でハイライトされ、使用不可能なように見えます。

ソリューション

IP コアのバージョンがサポートされなくなっていて、IP でアップグレード オプションがサポートされない場合に、このメッセージが表示されます。

この場合、コアは赤く表示され、変更できない状態になります。

Vivado への移行で、コアおよびすべての出力ファイルは正しくコピーされ、コアのこのバージョンに対してはサポートがないことを知らせる警告メッセージが表示されます。 

しかし、間違って XCO パラメーターを処理しようとし、「Could not resolve XCO parameter 'vblank_polarity' on IP instance 'my_v_cfa」という 20 を超えるクリティカル警告メッセージが表示されてしまいます。

必要なファイルはすべて使用できるはずですが、IP コアを再カスタマイズしたり、最新版にアップグレードすることはできません。

不必要なクリティカル警告メッセージの生成に関する問題は、Vivado Design Suite 2012.3 で修正されています。
AR# 52757
日付 06/09/2014
ステータス アーカイブ
種類 既知の問題
ツール
  • Vivado Design Suite - 2012.2
このページをブックマークに追加