AR# 52773

Virtex-6 FPGA ML605 評価キット - MIG リファレンス デザイン - バイト グループ 3 および 7 で有効データ ウィンドウ テストにエラーが発生する

説明


ML605 用の『MIG Creation Design Guide』 (XTP047) にある手順に従って、各バイト グループの有効データ ウィンドウを表示しました。

バイト グループ 3 または 7 を選択すると、エラーは生成されません。これらのバイト グループのデータ ウィンドウには制限がないということですか。

ソリューション

これは、トラフィック ジェネレーターで生成されたデータでの問題で、この基本となるデータがこれらのバイトで変化していません。

次の手順に従い、これらのバイトをテストしてください。ハンマー モードに設定されているときはこれらのバイトのデータは変化しています。

バイト グループ 3 および 7 の有効データ ウィンドウを表示させるには、キャリブレーションが完了した後、ChipScope Analyzer で VIO 設定を変更します。

1. データ モードを 3 (ハンマー) に、アドレス モードを 3 (シーケンス モード) に設定します。
2.位相検出器を無効にします。
3. イネーブル (VIO4 のビット 25) を 1 に設定します。
4. dbg_inc_dec_sel を 7 に設定します。 バイト 7 遅延タップがイネーブルになります。
5. CPU_RESET をアサートします。

52773-1.jpg

6. 次に、遅延タップを追加します。
7. 5 タップ後に、エラーがアサートされ、VIO2 dbg_cpt_tap_cnt[39:35] が 00110 から 01011 に変化するのが確認できます。タップを減らしても同じ結果になります。

この手順はバイト 7 に対するものですが、バイト 3 でも同じ手順に従ってください。

52773-2.jpg

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34836 Virtex-6 FPGA ML605 評価キット - 既知の問題およびリリース ノートのマスター アンサー N/A N/A
AR# 52773
日付 12/12/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
Boards & Kits