AR# 52786

14.4 PlanAhead - SSN で I2C IOSTANDARD のピンが解析されていないにもかかわらず「Partial Analysis:Passed」とレポートされる

説明

PlanAhead ツール 14.3 または 14.4 で SSN 解析を実行すると、デザインの一部のポートが解析されません。例に示すレポートのように、解析されたのは 35 のうち 31 ポート (88.6%) でした。この理由を教えてください。

Created on: 2012-Nov-06 11:48:02
Results Name: ssn_1
Project Name: ise
Project Family: Spartan-6
Project Part: xc6slx4tqg144-2
SSN Data Version: Advanced
VCCAUX: 2.5V
Status: Partial Analysis;Passed
Messages:
  • 0 critical warning(s)
  • 0 warning(s)
  • 1 info(s)

Possible SSN Ports: 35 port(s)
Analyzed Ports: 31/35 port(s) (88.6%)
Ports within SNN Margin: 31/31 port(s) (100.0%)
Ports Exceeding SNN Margin: 0/31 port(s) (0.0%)
Unplaced Ports: 0 port(s)

ソリューション

PlanAhead ツール 14.3 または 14.4 では、ある I/O バンクに I2C IOSTANDARD のみが含まれていると、SSN 解析でそのバンクが除外されます。

この問題を回避するには、そのバンクで追加の LVCMOS 出力を宣言し、永久的に High または Low に接続します。この後、そのバンクの I2C ピンは解析されるようになります。この追加出力によって、SSN の結果は実際の値よりもわずかに高くなります。

この問題は 14.5 PlanAhead ツールで解決されています。

AR# 52786
日付 11/14/2013
ステータス アーカイブ
種類 一般
デバイス
ツール