UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 52786

14.4 PlanAhead - SSN で I2C IOSTANDARD のピンが解析されていないにもかかわらず「Partial Analysis:Passed」とレポートされる

説明

PlanAhead ツール 14.3 または 14.4 で SSN 解析を実行すると、デザインの一部のポートが解析されません。例に示すレポートのように、解析されたのは 35 のうち 31 ポート (88.6%) でした。この理由を教えてください。

Created on: 2012-Nov-06 11:48:02
Results Name: ssn_1
Project Name: ise
Project Family: Spartan-6
Project Part: xc6slx4tqg144-2
SSN Data Version: Advanced
VCCAUX: 2.5V
Status: Partial Analysis;Passed
Messages:
  • 0 critical warning(s)
  • 0 warning(s)
  • 1 info(s)

Possible SSN Ports: 35 port(s)
Analyzed Ports: 31/35 port(s) (88.6%)
Ports within SNN Margin: 31/31 port(s) (100.0%)
Ports Exceeding SNN Margin: 0/31 port(s) (0.0%)
Unplaced Ports: 0 port(s)

ソリューション

PlanAhead ツール 14.3 または 14.4 では、ある I/O バンクに I2C IOSTANDARD のみが含まれていると、SSN 解析でそのバンクが除外されます。

この問題を回避するには、そのバンクで追加の LVCMOS 出力を宣言し、永久的に High または Low に接続します。この後、そのバンクの I2C ピンは解析されるようになります。この追加出力によって、SSN の結果は実際の値よりもわずかに高くなります。

この問題は 14.5 PlanAhead ツールで解決されています。

AR# 52786
日付 11/14/2013
ステータス アーカイブ
種類 一般
デバイス
  • Spartan-6
ツール
  • PlanAhead
このページをブックマークに追加