UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 52951

2012.4 Vivado - tcl.pre および tcl.post 設定に Tcl ファイルを追加すると、GUI で絶対パスが使用される

説明

合成またはインプリメンテーション ステップでのプロジェクト設定で、tcl.pre または tcl.post にTcl ファイルを追加すると、GUI でこのファイルへの絶対パスが使用され、新しいディレクトリにプロジェクトを移動してもアップデートされません。また、相対パスを入力することができません。たとえば、TCL コンソールに次のような内容が表示されます。

set_property steps.route_design.tcl.post {C:\projects\my_proj\my_proj.srcs\sources_1\test.tcl} [get_runs impl_1]

ソリューション

GUI の Tcl コンソールで次のコマンドを使用してパスを相対に変更して、問題を回避できます。

set_property steps.route_design.tcl.post ..\..\my_proj.srcs\sources_1\test.tcl [get_runs impl_1]

または、プロジェクトのパスをアップデートするためプロジェクトのディレクトリを移動させるとき、これをスクリプトにすることもできます。

set project_path [get_property directory [current_project]]
set_property steps.route_design.tcl.post $project_path\..\..\my_proj.srcs\sources_1\test.tcl [get_runs impl_1]

この set_property コマンドは、tcl.pre または tcl.post を使用するステップであればどれにでも使用できます (synth_design、opt_design、power_opt_design、place_design、power_opt_design、phys_opt_design、route_design、write_bitstream)。

このハイライトの問題は、Vivado IDE 2013.1 で修正されています。

AR# 52951
日付 01/22/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール
  • Vivado Design Suite
  • Vivado Design Suite - 2012.2
  • Vivado Design Suite - 2012.3
このページをブックマークに追加