UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 5304

Virtex - What is an IBUFG, and how do I use it?

説明

Keywords: IBUFG, clock, buffer, input

Urgency: Standard

General Description:
What is the IBUFG primitive in Virtex? What is its purpose?

ソリューション

IBUFG は、DLL または関連する BUFG 専用のクロック入力ピンです。 IBUFG ピンは、各 DLL/BUFG ごとに 1 つずつ、合計で 4 つあります。

これらのピンは、入力にのみ使用され、さまざまな入力電圧標準のいずれかを使用しています。 バンク規則には必ず従ってください (関連するバンク番号は Virtex データシートのデバイス/パッケージの組み合わせに記述されています)。

IBUFG には、関連する DLL までの専用ルートが含まれています。 これで、DLL を使用している場合の正確性が増し、遅延を最小に抑えることができます。 また、IBUFG はユーザーのロジックに配線できるため、DLL に配線する必要はありません。

IBUFG が DLL への入力として使用されていない場合は、遅延が増加することがあります。
AR# 5304
作成日 12/28/1998
最終更新日 03/04/2004
ステータス アクティブ
タイプ 一般