UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 53092

2013.4 Vivado - IOB にレジスタを配置する方法

説明

どうすれば、Vivado ツールで IOB 内にレジスタを配置できますか。

ISE の MAP にはこれを管理する -pr オプションがありましたが、Vivado ツールではこのようなものが見つかりません。

ソリューション

ISE と Vivado ツールはどちらも FF が IOB (実際には ILOGIC または OLOGIC) サイト内に配置されるように IOB プロパティをサポートしています。

ISE では MAP アプリケーションも -pr (レジスタのパック) オプションをサポートしていましたが、IOB プロパティには優先しなかったため、IOB プロパティが割り当てられていない FF にしか影響しませんでした。 Vivado には -pr オプションに相当するオプションがありませんので、IOB レジスタの使用を制御するには IOB プロパティを使用する必要があります。

IOB 制約は、次のようにレジスタに使用できます。

set_property IOB true [get_cells <registers_name_pattern>]

2013.1 からは、ポートに IOB 制約が使用できます。

set_property IOB true [get_ports <ports_name_pattern>]

IOB レジスタを正常にパックするには、次の条件を満たす必要があります。

  • 出力レジスタの場合、レジスタから FPGA デバイスに戻るパスがないため、OBUF インスタンス以外のロードがないようにします。
  • また、FF 上には IOB の使用と競合する制約 (PBLOCK や LOC など) がないようにします。
AR# 53092
日付 02/05/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Kintex UltraScale
  • Kintex-7Q
  • Artix-7
  • Artix-7Q
ツール
  • Vivado Design Suite - 2013.4
このページをブックマークに追加