UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 53104

2012.4 Vivado、AXI_TFT v1.00a - Chrontel デバイスの初期化中の CCR レジスタへの書き込みが保留の IIC トランザクションに影響する

説明

AXI TFT コントローラーでは、IIC インターフェイスを介し、Chrontel CH-7310 のコンフィギュレーションをサポートしています。

リセットのディアサート直後に、IIC インターフェイスは自動的にデフォルト値を Chrontel チップに設定します。

AXI TFT が Chrontel チップ をコンフィギュレーションしている間、AXI での CCR レジスタへの書き込みが保留の IIC トランザクションに影響します。

この問題の解決方法を教えてください。

ソリューション

これは AXI_TFT コアの既知の問題です。 

この問題を回避するには、次の 2 点に注意してください。

1. リセットの後、CCR レジスタへの書き込みの前に 10us 間待機します (BASEADDR+0x0000000C)。

2. CCR レジスタへの各書き込みの前に、前の CCR への書き込みが 0 の値を得るため 31 番目のビットをポールして実行されたことを確認します。

この問題は、Vivado 2013.3 で修正されています。

AR# 53104
日付 03/24/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
  • XPS Thin Film Transistor Controller
このページをブックマークに追加