UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 53167

Virtex-5 - デバイス上の SPI/BPI PROM インターフェイスの I/O 規格

説明

『Virtex-5 FPGA コンフィギュレーション ユーザー ガイド』 (UG191) に記載されているように、Virtex-5 コンフィギュレーション I/O では LVCMOS_12F がデフォルト規格として使用されます。

デバイスの PROM インターフェイスの I/O 規格は何ですか。

ソリューション

選択された FPGA コンフィギュレーション モードにより FPGA アプリケーションにいくつかの制約が適用されます。具体的には、FPGA のコンフィギュレーション バンクに許容される I/O 電圧が設定されます。 

たとえば SPI または BPI モードでは、通常 3.3V のみのデバイス (3.3V 未満の電圧も許容) であるサードパーティ フラッシュ メモリ コンポーネントが利用されます。 

これには、メモリに接続されているバンクの I/O 電圧が入力電圧に準拠している必要があります。

PROM に準拠するため、バンク電圧を設定する際 LVCMOSxx_12F が使用されます。

たとえば 3.3V PROM では、バンク電圧を Vcco = 3.3V は設定され、IOSTANDARD は LVCMOS33_12F に設定されます。

AR# 53167
日付 07/30/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Virtex-5
このページをブックマークに追加