UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 53177

14.3 - XPS I/O モジュール - SDK にエクスポートすると XPS I/O Module が表示されない

説明


IP カタログから LMB I/O Module IP を使用して XPS プロジェクトでは、I/O Module が次のように表示されなくなります。

unaddressed_ip.jpg
unaddressed_ip.jpg




SDK にエクスポートすると、このために I/O Module がアドレス可能ではなくなるので、表示されません。

この問題はどうすれば回避できますか。


ソリューション


この問題は、XPS バージョンの I/O Module でのみ発生します。 MicroBlaze MCS (Micro Control System) で使用される I/O Module の場合、この問題は発生しません。

この問題を XPS で回避するには、次の手順に従ってください。

手順 1 : IP をローカルにします。

[System Assembly View] の[Bus Interfaces] タブで I/O Module IP を右クリックします。

make_io_module_local.jpg
make_io_module_local.jpg



手順 2 :MPD ファイルを開きます。
[System Assembly View] の [Bus Interfaces] タブで View MPD を右クリックします。
view_mpd_file_iomodule.jpg
view_mpd_file_iomodule.jpg

手順 3 : MPD ファイルを変更します。
次のように、85 ~ 86 行目を変更して保存します。
mod_mpd_iomodule.jpg
mod_mpd_iomodule.jpg



手順 4 : ユーザー レポジトリをリスキャンします。

ユーザー レポジトリをリスキャンするには、[Project] → [Rescan User Repositories] をクリックします。

rescan_user_repos_14_3.jpg
rescan_user_repos_14_3.jpg


手順 4 : I/O Module が正しくマップされているかどうかを確認します。
[System Assembly View] の [Addresses] タブで右クリックし、アドレスがすべてマップされているかどうかを確認します。
updated_addresses_iomodule.jpg
updated_addresses_iomodule.jpg

これで、SDK をエクスポートし直すと、I/O Module モジュールが SDK で表示されるようになるはずです。
AR# 53177
日付 11/30/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • EDK - 14.1
  • EDK - 14.2
  • EDK - 14.3
このページをブックマークに追加