AR# 53297

13.4 PlanAhead - プロジェクトに既存の IP コアを追加すると、現在の作業ディレクトリにコピーされる

説明

PlanAhead ツールで、[Project Manager] の [Add Sources] をクリックして [Add Existing IP] をオンにします。 追加したい XCO ファイルを選択します。タスクが完了すると、さまざまなファイルが <project>.srcs\sources_1\ip ディレクトリにあるプロジェクトにコピーされます。

新しい位置にファイルをコピーするのではなく、元の位置で IP コアを使用する方法はありますか。


ソリューション


PlanAhead 14.1 以降のツールでは、プロジェクトに IP コアを追加している間に [Copy Sources into Project] オプションをオフにすることで、この問題を回避できます。このオプションをオフにすると、ファイルが現在の作業ディレクトリにコピーされなくなります。

IP コア/ファイルをプロジェクトに追加すると同時に [Copy Sources into Project] オプションをオフにしてください (次の図を参照)。

Capture.PNG
Capture.PNG

このオプションは、PlanAhead 13.4 以前のツールでは使用できません。


注記 : プロジェクトの作成と同時に [Copy Sources into the Project] をオンにすると、<project>.srcs フォルダーが現在の作業ディレクトリで確認できます (次の図を参照)。
1.PNG
1.PNG


プロジェクトに HDL ファイルおよび IP コアを追加している間に [Copy Sources into Project] がオフになっていると、<project>.srcs フォルダーが作成されません。
AR# 53297
日付 12/10/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
ツール