UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 53324

Vivado HLS 2012.3/14.3 - UG902 に記述されている [Use APCC for Compiling C files] オプションが HLS 2012.3 に存在しない

説明

『Vivado Design Suite ユーザー ガイド : 高位合成』 (UG902) 2012.3 に、コンパイラ オプションに関して間違った記述が含まれています。

このガイドには、[Project Settings] ダイアログ ボックスの [Simulation Settings] ページで [Use APCC for Compiling C files] をオンにすることにより apcc コンパイラをイネーブルにできると記述されています。
 
その後にあるスクリーン キャプチャ (図 2-30) は、HLS 2012.2 からのものです。

Vivado HLS 2012.3 では、このオプションは [Project Settings] ダイアログ ボックスにはありません。

ソリューション

これは、今後のアップデートで修正される予定です。

Vivado HLS 2012.3 では、プロジェクトが C++ プロジェクトで任意精度計算のヘッダー ファイルが含まれる場合、APCC コンパイラがデフォルトでイネーブルになります。

AR# 53324
日付 03/05/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • FPGA Device Families
ツール
  • AutoESL
このページをブックマークに追加