AR# 53459

Virtex-6 Integrated Block for PCI Express v2.5 - 拡張機能である DSN と VSEC をイネーブルにすると VSEC_BASE_PTR 値が不正になる

説明

問題の発生したバージョン : v2.5
修正バージョンおよび既知の問題 : (ザイリンクス アンサー 45723) を参照

Virtex-6 Integrated Block for PCI Express v2.5 コアを拡張機能 DSN および VSEC をイネーブルにして生成すると、生成されるラッパーの VSEC_BASE_PTR 値が不正になります。

ソリューション

VSEC_BASE_PTR の正しい値は、128h ではなく 10Ch です。ラッパーを次のように変更してください。

変更前 :

  parameter        VSEC_BASE_PTR = 12'h128,
  parameter        VSEC_CAP_NEXTPTR = 12'h000,
  parameter        VSEC_CAP_ON = "TRUE",

変更後 :

  parameter        VSEC_BASE_PTR = 12'h10C,
  parameter        VSEC_CAP_NEXTPTR = 12'h000,
  parameter        VSEC_CAP_ON = "TRUE",

改訂履歴
2012/12/17 - 初版

注記 : 「問題の発生したバージョン」は、問題が最初に発見されたバージョンを示します。問題はそれより以前のバージョンでも発生していた可能性がありますが、以前のバージョンではそれを検証するテストは実行されていません。
AR# 53459
日付 12/18/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
IP