AR# 53522

Triple Rate SDI - crc_err_a および crc_err_b がアサートされているサイクル数

説明

crc_err_a および crc_err_b は何サイクル間アサートされますか。

次の資料には 1 サイクル間のみアサートされると記述されていますが、コードでは 1 ラインのようです。

  • 『Virtex-5 FPGA のオーディオ/ビデオ コネクティビティ』 (XAPP1014)
  • 『Spartan-6 FPGA GTP トランシーバーでのトリプルレート SDI の実装』 (XAPP1076)
  • 『LogiCORE IP Virtex-6 FPGA Triple-Rate SDI v1.0 ユーザー ガイド』 (UG823)
  • 『LogiCORE IP Spartan-6 FPGA Triple-Rate SDI v1.0 ユーザー ガイド』 (UG824)
  • 『SMPTE SD/HD/3G-SDI v1.0 製品ガイド v1.0』 (PG071)

ソリューション

crc_err_a および crc_err_b は、CRC エラーが検出される各ラインに対してアサートされます。

CRC はラインごとに 1 回送信され、ラインごとに 1 回のみチェックされます。

LogiCORE IP Triple Rate SDI のリリース ノートおよび既知の問題は、(ザイリンクス アンサー 40473) を参照してください。
LogiCORE IP Spartan-6 FPGA Triple-Rate SDI のリリース ノートおよび既知の問題は、(ザイリンクス アンサー 42805) を参照してください。
LogiCORE IP SMPTE SD/HD/3G-SDI のリリース ノートおよび既知の問題は、(ザイリンクス アンサー 50905) を参照してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 53522
日付 08/26/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
IP