AR# 53586

Zynq および 7 シリーズの内部基準電圧での XADC 利得キャリブレーションの動作

説明

内部基準電圧で XADC を使用すると、利得キャリブレーション係数が常に両方の ADC に対し 0x007F を読み出します。

この理由を教えてください。

ソリューション

XADC はデジタルに任意のオフセットと、ADC および電源供給センサーの利得エラーをキャリブレートします。

既知の電圧 (VREFN および VREFP など) を ADC および電源センサーに接続することにより、オフセットおよび利得エラーを計算し、訂正係数が生成されます。

これらのキャリブレーション係数は、ADC A の場合はステータス レジスタ 08h ~ 0Ah に、ADC B の場合はステータス レジスタ 30h ~ 32h に格納されます。

ただし、内部基準が使用される場合、この利得キャリブレーション ロジックがディスエーブルされ、利得係数のステータス レジスタは常に 0x007F を読み戻し、係数は 3F (最大の正の値) になります。

これは、XDC を使用した工場テストのときに内部基準がトリムされるので、利得エラーが考慮されるからです。 

つまり、内部基準が使用されるとき XDC パフォーマンスの仕様は満たされ、利得キャリブレーションが不要であるということです。この動作モードでは係数は無視してください。

xadc_intref_gaincal.png 

AR# 53586
日付 04/30/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略