AR# 53701

MIG Virtex-6 DDR2 - 5 未満の CK クロックを使用すると 64 ビット以上のコンポーネントで CS が不正に早められる

説明

問題のあったバージョン : 3.92
修正されたバージョン : (ザイリンクス アンサー 50642) 参照

MIG Virtex-6 DDR2 デザインでは、DDR2_EARLY_CS パラメーターを使用して UDIMM デザインにおける CS を 1 サイクル分進めています。 

しかし、CK_WIDTH<5 および DQ_WIDTH>=64 のとき、RTL によってコンポーネント デザインの CS が不正に早められてしまいます。 

これは、4 つの x16 コンポーネントを使用する 64 ビット DDR2 インターフェイスなどで発生します。

この問題はハードウェアでのキャリブレーションの読み出しレベリング ステージで確認されており、読み出しレベリング ステージ 1 のパターン リードバックが不正となります。 

スコープの計測結果から、残りの DDR2 コマンドと比較して CS が 1 サイクル分早くアサートされていることがわかります。

ソリューション

DDR2_EARLY_CS は example_design/rtl/phy/phy_top.v/.vhd または user_design/rtl/phy/phy_top.v/.vhd ファイルでは次のように代入されています。


  localparam DDR2_EARLY_CS = ((CLK_PERIOD < 10000) & ( DQ_WIDTH >= 64) &
                             (CK_WIDTH < 5) & (DRAM_TYPE == "DDR2") &
                             (REG_CTRL == "OFF"));

この問題は、次のようにパラメーター代入を変更すると回避できます。


  localparam DDR2_EARLY_CS = ((CLK_PERIOD < 10000) & ( DQ_WIDTH >= 64) &
                             (CK_WIDTH < 4) & (DRAM_TYPE == "DDR2") &
                             (REG_CTRL == "OFF"));

AR# 53701
日付 08/18/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
IP