UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 53778

2013.1 Vivado - [Go To Instantiation] オプションにより間違ったインスタンシエーションが開く

説明

プロジェクトの合成済みデザインを開いているときに、[Netlist] ビューでモジュールを右クリックして [Go To Instantiation] (F7) をクリックすると、ファイルの選択したモジュールと関係のない行が開きます。

この問題の解決方法を教えてください。

ソリューション

ほとんどの場合、[Go To Instantiation] オプションが正しく機能するか、このオプションはありません。まれに、このオプションにより間違った場所が開きます。

この問題を回避するには、次の方法が考えられます。

  • 問題のオブジェクトに物理的にリンクされているオブジェクトを選択します。この方法を使用する場合、回路図を開くと簡単です。
  • 問題のオブジェクトの親またはドライバーを選択します。
  • 同じ階層内の別のインスタンスを選択します。
  • プロジェクト階層でインスタンシエーションを手動で探します。
AR# 53778
日付 01/13/2014
ステータス アーカイブ
種類 一般
ツール
  • Vivado Design Suite - 2012.4
  • Vivado Design Suite - 2012.3
このページをブックマークに追加