UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 53817

Vivado - vivado.bat を Windows 7 タスクバーに表示する方法

説明


Vivado ツール (または PlanAhead ツール) を頻繁に起動するので、Windows 7 のタスクバーに含めたいと思います。

vivado.bat を Windows 7タスクバーに含める方法を教えてください。

ソリューション

vivado.bat を Windows 7タスクバーに含めて、Vivado ツールが正しく起動されるようにするには、次の手順に従ってください。

  1. .bat ファイルを使用してツールを起動します ([スタート] メニューを使用するか、インストール ディレクトリの vivado.bat ファイルをダブルクリックします)。
  2. vivado.exe ではなく、ツールを起動後にタスクバーで開く cmd.exe のアイコンの方を右クリックし、[タスクバーにこのプログラムを表示する] をクリックします。
  3. タスクバーのショートカットを右クリックします。[Command Prompt] と [タスクバーにこのプログラムを表示しない] がリストに含まれます。
  4. [Command Prompt] のアイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. [リンク先] ボックスで %SystemRoot%\system32\cmd.exe の最後に /C を追加し、バッチ ファイルのパスと名前を続けます (例 : %SystemRoot%\system32\cmd.exe /C C:\Xilinx\Vivado\2012.4\bin\vivado.bat)。
  6. オプション : [作業フォルダー] ディレクトリ、アイコン、コメント、一般的なタイトルは必要に応じて変更できます。
  7. [OK] をクリックします。
AR# 53817
日付 01/16/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • Vivado
このページをブックマークに追加