UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 53845

Vivado インプリメンテーション - 未接続のロジックがトリムされないようにする Vivado のオプション

説明

インプリメンテーションで未接続のロジックがトリムされないようにする Vivado ツールのオプション (ISE の -u MAP オプションのようなもの) はありますか。

ソリューション

Vivado による最適化 (opt_design)中にopt_design コマンドでは、次の最適化がデフォルトで実行されます。

  • 再ターゲット
  • 定数の伝搬
  • スイープ
  • ブロック RAM の最適化


スイープでは、ロードがないセルが削除されます。デフォルトで実行されるスイープ最適化に制限を加える場合は、Vivado Tcl スクリプトで次のコマンドを使用してください。

opt_design -retarget -propconst -bram_power_opt

プロジェクト モードでは、-retarget -propconst -bram_power_opt オプションは、インプリメンテーション設定の [Opt Design (opt_design)] の下の [More Options] フィールドに追加する必要があります。

詳細は、『Vivado Design Suite ユーザー ガイド: インプリメンテーション』 (UG904) の「ロジック最適化」のセクションを参照してください。

https://japan.xilinx.com/cgi-bin/docs/rdoc?v=latest;d=ug904-vivado-implementation.pdf

AR# 53845
日付 03/03/2016
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • Vivado Design Suite
このページをブックマークに追加