UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 5398

FPGA - デバイスに電力が供給されていない場合、I/O は駆動できるか

説明

キーワード : 4000, 3000, Virtex, XL, 4000XL, 4000EX, 3100, drive, IO, power, 駆動, 電力, I/O

重要度 : 標準

概要 :
デバイスに電力が供給されていない場合に FPGA の I/O を駆動するとどのような影響がありますか。

ソリューション

1

すべての 5V ファミリ (3000、4000E/EX、5200、Spartan) およびすべての旧 3V ファミリ (3000L)

まず、グランドが常に接続されていると仮定します。VCC および信号合わせ前のグランド合わせを保証できない従来のコネクタとのホット プラグインについては説明しません。

デバイスの各入力には、ピンから VCC ピンに接続された ESD 保護ダイオードがあります。 VCC が 0V に維持されている間に正信号でピンを駆動すると、このダイオード (駆動ソースによって異なるが、50 〜 100mA の間) に多量の電流が流れることになり、信頼性に問題が生じます。

VCC が外部ロードによってグランドに接続されていない場合、信号によって VCC が High になり、入力電流が低減されます。ただし、この場合、VCC は信号ピンを信頼性のない VCC ソースとして使用し、コンフィギュレーションを開始するに十分なレベルになることがあります。 このような状態は望ましくありません。

VCC が Low または 0V のときに 5V デバイスの入力を駆動してはなりません。

2

すべての 3.3V ファミリ (5V 耐性) 4000XL/XV/XLA/XLT、Spartan-XL、Virtex

これらのファミリでは、ESD 保護が異なります。VCC ではなく、グランドに 6V のツェナー ダイオードが使用されます。 したがって、FPGA に電力が供給されていないときにピンを駆動する場合、ツェナー ダイオードが 6V で動作し始めるまで電流は流れません。

これは、ピンの VCC が 0V であっても、ピンが 5V 耐性であることを意味します。 さらに、異なる電源電圧に対してそれぞれ電源シーケンスが指定されているわけではありません。

共通グランドができる前に信号ピンが合わされるため、標準コネクタへのホット プラグインはさらに複雑な問題です。
AR# 5398
作成日 08/21/2007
最終更新日 01/16/2002
ステータス アクティブ
タイプ 一般