AR# 54165

LogiCORE IP Tri-Mode Ethernet MAC v5.5 - Vivado - アドレス フィルターなしにコアが生成されるとタイミング エラーが発生する

説明

Vivado ツール フローで Tri-Mode Ethernet MAC v5.5 を使用すると、アドレス フィルターがそのコアに対して生成されていない場合、エラーのあるタイミング パスが見られます。  

問題のあるパスは次のとおりです。

  Source:               */trimac_top/TRI_SPEED.TRIMAC_INST/addr_filter_top/addr_regs.promiscuous_mode_reg_reg/C
                            (rising edge-triggered cell FDCE clocked by clkout1)
  Destination:         */trimac_top/TRI_SPEED.TRIMAC_INST/addr_filter_top/address_filter_inst/resync_promiscuous_mode/data_sync/D
                            (rising edge-triggered cell FDCE clocked by rx_clk )

ソリューション

このパスは、最大遅延制約でカバーできます。

このパスを制約対象に含めるには、次の XDC 制約を追加します。

set_max_delay -from [get_cells -hier -filter {name =~ *addr_filter_top/addr_regs.promiscuous_mode_reg_reg}] -to [get_cells -hier -filter {name =~ *addr_filter_top/address_filter_inst/resync_promiscuous_mode/data_sync}] 6 -datapath_only

コアが ISE ツール フローで使用されている場合は、この問題は発生しません。

AR# 54165
日付 09/22/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
IP