AR# 5429

12.1 制約 - 多目的コンフィギュレーション ピンの禁止

説明

ボードのデザインを簡潔にするため、多目的のコンフィギュレーション ピンに PROHIBIT 制約を設定します。

コンフィギュレーション ピンの種類と PROHIBIT 制約の設定方法を教えてください。

ソリューション

コンフィギュレーション後、ユーザー I/O に使用できる特定用途ピンが複数あります。これらのピンのほとんどは、直接インスタンシエートしないと使用できません (例 : TDO、MDI など)。これらのピンを使用するには特定のプリミティブを使用する必要があり、PROHIBIT 制約の設定やピンの固定はできません。

ただし、PAR でたくさんの特定用途ピンが使用されます。これらのピンは UCF で次の構文を使用して PROHIBIT 制約を付けることができます。
CONFIG PROHIBIT = P34;

特定用途ピンはファミリではなく、パッケージによって異なります。特定デバイスの特定用途ピンについては、そのデバイスのデータシートを参照してください。

AR# 5429
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般