AR# 54381

ザイリンクス プログラミング ケーブル - プラットフォーム ケーブル USB およびパラレル ケーブル IV - ドライバー インストールの FAQ

説明

このアンサーでは、ISE ソフトウェアのザイリンクス プログラミング ケーブル ドライバーの手動インストール方法の概要を説明します。

ソリューション

ISE Design Suite インストーラーは、ケーブル ドライバーをインストールしようとします。プラットフォームおよびユーザー コンフィギュレーションによっては、このインストールに問題やエラーが発生することがあります。

このアンサーでは、インストールを最初からやり直さずに、ドライバーを手動でインストールする方法について説明します。

注記: 同様の Vivado 関連のインストール/アンインストール手順については、『Vivado Design Suite ユーザーガイド』 (UG973) を参照してください。

ISE:

Windows

  1. ザイリンクス USB ケーブルの接続を解除します。または、まずデバイス マネージャーで USB ケーブルをディスエーブルにし、手順 5 でもう一度イネーブルにします。この場合、再ブートする必要はありません。
  2. インストール エリアの <Xilinx install>\bin\ [nt|nt64] または <Xilinx install>[nt|nt64] に移動します。
  3. 「wdreg -inf windrvr6.inf install」を実行します。
  4. 「wdreg -inf xusbdrvr.inf install」を実行します。
  5. ザイリンクス USB ケーブルを接続します。

注記:
管理者権限でコマンド プロンプトを実行する必要がある場合があります。


Linux

Linux にケーブル ドライバーをインストールするには 2 つの方法があります。

1 番目の方法は、限定的な sudo アクセス (新しい方法) を使用し、2 番目の方法は sudo -s アクセスを使用しています。


限定 sudo を使用した方法

コンピューターで sudo を使用するには、ケーブル ドライバーをインストールするための sudo アクセスをリクエストします。

どのコマンドを実行できるかは、「/tools/xint/bin/sudo -l」を実行して確認できます。

ケーブル ドライバーのインストール方法は次のとおりです。

  1. インストール エリアの <Xilinx install>/bin/[lin|lin64] または <Xilinx install>/bin/[lin|lin64] に移動します。
  2. install_script ディレクトリを /tmp にコピーします。
  3. 「/tools/xint/bin/sudo /tmp/install_script/install_drivers/install_drivers」を実行します。
  4. 「/tools/xint/bin/sudo chmod 666 /dev/windrvr6」を実行します。


フル sudo -s を使用した方法

  1. sudo -s を実行します。
  2. インストール エリアの <Xilinx install>/bin/[lin|lin64] または common/bin/[lin|lin64] に移動します。
  3. install_script ディレクトリを /opt にコピーします。
  4. /opt/install_script/install_drivers の ./install_drivers を実行します。
  5. 「chmod 666 /dev/windrvr6」を実行して、windrvr6 の読み出し/書き込みアクセスを追加します。


リブートすると常に chmod が実行されるようにする手順 (Red Hat 4)

  1. /etc/udev/permissions.d/50-udev.permissions ファイルを任意のテキスト エディターで開きます (sudo アクセスが必要)。
  2. このファイルの最後に次を追加します。

windrvr6:root:root:0666

リブートすると常に chmod が実行されるようにする手順 (Red Hat 5+)

  1. /etc/rc.local (または /etc/rc.d/rc.local) ファイルを任意のテキスト エディターで開きます (sudo アクセスが必要)。
  2. このファイルの最後に次を追加します。

chmod 666 /dev/xpc4* chmod 666 /dev/windrvr6

ドライバーが fxload がないとエラーメッセージを出力する場合の fxload のインストール方法 (Red Hat 5)

  1. こちらから正しい rpm をダウンロードします。32 ビット用と 64 ビット用があります。http://packages.atrpms.net/dist/el5/fxload/
  2. 次のコマンドを実行し、ルート アクセスで rpm をインストールします。

rpm -i <filename>.rpm

libusb のインストール

Linux の一部のビルドには libusb がないものがあります。libusb はザイリンクス USB ケーブルに使用されます。

libusb がない場合は、デフォルトで Jungo ドライバーが使用されますが、このため複数のケーブルで問題が発生する可能性があります。



ケーブル ドライバーのアンインストール

Windows

  1. インストールディレクトリ内にある <Xilinx install>\bin\ [nt|nt64] へ移動します。
  2. コマンド コンソールを開きます。
  3. 「wdreg -inf %cd%\windrvr6.inf uninstall」を実行します。
  4. 「wdreg -inf %cd%\xusbdrvr.inf uninstall」を実行します。
  5. net stop XilinxPC4Driver を実行します。
  6. %WINDIR%\system32\drivers\windrvr6.sys を削除します。
  7. %WINDIR%\system32\drivers\xusb*.sys を削除します。
  8. %WINDIR%\system32\drivers\xpc4drvr.sys を削除します。


Linux

  1. USB ケーブルの接続を解除します。ケーブルを使用するアプリケーションを閉じます。
  2. コマンド コンソールを開きます。
  3. インストール エリアの <Xilinx install>/bin/[lin|lin64] または common/bin/[lin|lin64]/install_script/install_drivers に移動します。
  4. 「./install_drivers clean」を実行します。
  5. ログに出力されている追加手順に従います。


ケーブル ドライバーのデバッグ

一般

Xinfo レポートのインストール ログを確認します。

Windows

Windows 7 でインストールに問題が生じた場合は次を参照してください。

(Xilinx Answer 44397)

Linux

  1. /sbin/lsusb コマンドを使用してみてください。
  2. /var/log/messages ログに目を通します。
  3. Xinfo で終了コードを確認します。
    • fxload が検出されない場合は 0
    • ドライバー ディレクトリにアクセス権がない場合は 1
    • ルート アクセス権限がない場合は 2
  4. 一部の Linux バージョンで、インストール中に正しいディレクトリにファームウェア (/usr/share/x.hex) および udev ルール (/etc/udev/rules.d/xusbdfwu.rules) が作成されない場合があります。
    これらのファイルを、正しくインストールができているディレクトリから該当ディレクトリにコピーします。xusbdfwu.rules ファイルはシェル変数 $TEMPNODE を使用します。この名前はすべての種類の Linux で機能するわけではありません。
    $TEMPNODE への参照をすべて小文字の $tempnode に置き換える必要があります。その後、udev を再起動すると、ケーブルが認識されるはずです。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
59128 Vivado Design Suite を完全に再インストールせずにザイリンクス USB/Digilent ケーブル ドライバーを (再) インストールできるかどうか N/A N/A
AR# 54381
日付 08/14/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
Boards & Kits