AR# 5441

LogiCORE PCI - メモリのバースト処理中にサポートされるアドレス モードについて

説明

キーワード : memory burst transactions, PCI, linear, sequential, cacheline, wrap, メモリ バースト処理, リニア, シーケンシャル, キャッシュライン, ラップ

重要度 : 標準

概要 :
ザイリンクスでは、メモリのバースト処理中にキャッシュライン ラップまたはリニア インクリメントのどちらのアドレス モードをサポートしていますか。 また、無効なモードを使用した場合は、どうなりますか。

ソリューション

ザイリンクスでは、リニア インクリメント モードのみサポートします。たとえば、LSB の下位 2 つ (AD[1:0]) は、メモリ コマンド中は 00 になります。 リニア インクリメント モードの場合アドレスは、32 ビット転送では DWORD (4 バイト) ずつにインクリメントし、64 ビット転送では DWORD 2 つ (8 バイト) ずつにインクリメントします。

PCI インターフェイスは、リニア インクリメント モード以外のモードを使用した場合、最初のデータ フェーズ後にデータと切断します。
AR# 5441
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般