AR# 54518

LogiCORE IP Chroma Resampler - Vivado 2013.1 以降のバージョンのリリース ノートおよび既知の問題

説明

このアンサーは、LogiCORE IP Chroma Resampler コアのリリース ノートおよび既知の問題を記述したもので、次の内容を含みます。

  • 一般情報
  • 既知の問題および修正された問題
  • 改訂履歴

このリリース ノートおよび既知の問題は、Vivado 2013.1 以降のツール バージョンで生成されたコアを対象としています。

これまでの既知の問題や ISE サポート情報については、『IP リリース ノート ガイド』 (XTP025) を参照してください。

https://japan.xilinx.com/support/documentation/ip_documentation/xtp025.pdf

LogiCORE IP Chroma Resampler コア IP ページ:

https://japan.xilinx.com/content/xilinx/ja/products/intellectual-property/ef-di-chrom-resamp.html

ソリューション

このコアは、Vivado 2019.1 でサポートされなくなったので、新規デザインには推奨しません。

I代わりに、Vivado に含まれる無償の IP である LogiCORE Video Processing Subsystem を使用してください。

一般情報

サポートされるデバイスは、次の場所から確認できます。

 
 

各バージョンにおける新機能と追加されたデバイス サポートのリストは、Vivado デザイン ツールに含まれるコアの変更ログ ファイルを参照してください。

表 1 に、コアの各バージョンに対して、それが最初に含まれた Vivado デザイン ツールのバージョンを示します。

表 1: バージョン対照表
コアの
バージョン
Vivado の
バージョン
v4.0 (Rev. 14)2018.3
v4.0 (Rev. 13)2018.2
v4.0 (Rev. 13)2018.1
v4.0 (Rev. 13)2017.4
v4.0 (Rev. 12)2017.3
v4.0 (Rev. 11)2017.2
v4.0 (Rev. 11)2017.1
v4.0 (Rev. 11)2016.4
v4.0 (Rev. 10)2016.3
v4.0 (Rev. 9)2016.2
v4.0 (Rev. 8)2016.1
v4.0 (Rev. 7)2015.4
v4.0 (Rev. 7)2015.3
v4.0 (Rev. 6) 
v4.0 (Rev. 5)2014.4
v4.0 (Rev. 4)2014.3
v4.0 (Rev. 4)2014.2
v4.0 (Rev. 4)2014.1
v4.0 (Rev. 3) 
v4.0 (Rev. 2)2013.3
v4.0 (Rev. 1)2013.2
v4.02013.1


表 2 に、LogiCORE IP Chroma Resampler コアを使用する際の一般的なガイダンスを含むアンサーを示します。

表 2: 一般的なガイダンス

アンサータイトル
N/Aなし


既知の問題および修正された問題

次の表に、Vivado 2013.1 デザイン ツールでリリースされた LogiCORE IP Chroma Resampler コア v4.0 以降の既知の問題を示します。

注記: [問題の発生したバージョン] 列には、問題が最初に見つかったバージョンを示しています。問題はそれ以前のバージョンでも発生していた可能性がありますが、以前のバージョンではそれを検証するテストは実行されていません。

アンサータイトル問題の発生した
バージョン
修正バージョン
(Xilinx Answer 57773)デバッグ機能を含めるオプションが生成時に有効になっていると Video IP の一部で使用可能な TEST_PATTERN または BYPASS を使用するときに TREADY が停止するv3.01.aN/A
(Xilinx Answer 52215)コアのタイミングが満たされず、クリティカル警告が表示されるv3.01.av4.0 (Rev.2)
(Xilinx Answer 56274)Vivado 2013.2 マルチメディア ビデオおよび画像処理 - Video IP に制約を設定する方法v4.0v4.0 (Rev.2)
(Xilinx Answer 55980)AXI4-Stream のクロック周波数と AXI4-Lite インターフェイスのクロック周波数が異なると、AXI4-Lite バスでの書き込みがエラーになるv4.0v4.0 (Rev. 1)

 

テクニカル サポートは、Video Board を参照してください。

ザイリンクス フォーラムを利用すると、問題解決に役立ちます。

ザイリンクス コミュニティに質問したり、ザイリンクス エキスパートと協力したりして、ソリューションを見つけ出すことができます。


改訂履歴


2019/01/04V4.0 を (Rev 14) まで追加し、廃止情報を追加
2013/10/23バージョン対照表に v4.0 (Rev. 2) を追加し、(Xilinx Answer 57773) を追加し、2013.3 の既知の問題および修正された問題の表をアップデート。
2013/06/19バージョン対照表に v4.0 (Rev. 1) を追加し、(Xilinx Answer 56274)(Xilinx Answer 55980) を追加。
2013/04/03初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
56852 ザイリンクス マルチメディア、ビデオ、および画像ソリューション センター - 主な問題 N/A N/A

サブアンサー レコード

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
44487 LogiCORE IP Chroma Resampler - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
61625 Video IP サンプル デザイン トップ ページ N/A N/A
AR# 54518
日付 08/26/2020
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
ツール
IP