AR# 54551

Vivado 合成 - Vivado 合成でのインポートされたコア ネットリストの処理方法

説明

インポートされたコア ネットリスト (暗号化されたもの、またはされていないもの) は Vivado 合成でどのように処理されますか。

ソリューション

現時点では、Vivado 合成はインスタンシエートされているコアをブラック ボックスとして処理します。 

合成されたネットリストは、暗号化されたものも暗号化されていないものも、Vivado 合成では合成も最適化もされません。 

このため、インポートされたコア ネットリストの合成には XDC 制約も合成属性も影響しません。 

また、現時点のデフォルトでは、Vivado 合成でコア ネットリストが読み込まれたり、インスタンシエートされたコンポーネントが変更されることはありません。 

インスタンシエートされたネットリストの最適化は、今後のリリースでサポートされる予定です。

ただし、Vivado 合成でセキュア IP RTL は合成されるので、制約は合成結果に影響します。

AR# 54551
日付 04/18/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール