AR# 54603

7 シリーズ GTZ における MGTZ_THERM_IN/OUT ピンおよび MGTZ_SENSE_* ピンの使い方

説明

GTZ ピンの MGTZ_THERM_IN/OUT および MGTZ_SENSE_* はどのように使用しますか。

また、これらのピンが未使用の場合はどのように接続しますか。

ソリューション

THERM ピン:

GTZ トランシーバーは、ダイ温度測定用の温度ダイオードを提供します。MGTZ_THERM_IN は温度ダイオードのアノード、MGTZ_THERM_OUT はカソードです。

通常カソードはグランドに接続されており、温度は MGTZ_THERM_IN で測定された電圧から計算されます。

MGTZ_THERM_IN には、正確に 100uA の電流を投入する必要があります。 温度ダイオードのアノードとカソード (GND) 間の測定電圧は、次の式のデバイス温度の要素でもあります。 

温度が変化してしまうため、電流は正確に制御する必要があります。その後、MGTZ_THERM_IN の電圧から温度が計算されます。

T = 667.195 - 539.955*V-273

未使用時は、これらのピンはフロートのままにしておくことができます。

SENSE ピン:

多くのアプリケーションでは、GTZ アナログ電源に電圧調整の最終段階を実行するローカル電源レギュレータがあります。これらのレギュレータを可能な限り GTZ 電源ピンの近くに配置するのが理想です。 

アナログ電圧レギュレータと GTZ 電源ピン間の距離を短くすると、レギュレータの後の電源へのノイズ カップリングや、負荷動特性によって生じた過渡電流によって生成されるノイズが少なくなります。

閉ループ フィードバックの場合には、SENSE ピンを使用し、これらを差動的に配線して電源に戻すことが重要です。これにより、ダイで電圧が確実に調整され、パス上での IR 降下に対する調整が実行されます。 

ピンを正しく使用していない場合の動作は保証されません。MGTZVCCH 電源が必要です。

ピン名説明
MGTZ_SENSE_AVCC/MGTZ_SENSE_VCC_300MGTZAVCC の Sense 電圧ピン
MGTZ_SENSE_AGNDMGTZ_SENSE_AVCC の基準ピン
MGTZ_SENSE_VCCダイ VCCINT 電圧の Sense ピン
MGTZ_SENSE_VCCHダイ MGTZVCCH 電圧の Sense ピン
MGTZ_SENSE_GNDMGTZ_SENSE_VCC および MGTZ_SENSE_VCCH の基準ピン
MGTZ_SENSE_VCCLダイ MGTZVCCL 電圧の Sense ピン
MGTZ_SENSE_GNDLMGTZ_SENSE_VCCL の基準ピン

電圧レギュレータにセンサー機能がない場合は、MGTZ_SENSE_xxxx ピンをそれぞれの電源ピンに接続する必要があります。 

たとえば、MGTZ_SENSE_AVCC ピンは MGTZAVCC に接続します。

AR# 54603
日付 06/26/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス