AR# 54627

2013.x Vivado - タイミング : report_clocks が要因でクロックが重複してレポートされる

説明

Tcl コマンド report_clocks を実行すると、ツールがクロックを重複してレポートします。

たとえば、pll 出力 (pll0) に関連して派生した制約が次のように 2 回レポートされます。


  1. CLK_OUT1_my_pll0
  2. CLK_OUT1_my_pll0_1
     



実際は、CLK_OUT1_my_pll0_1 信号は存在しません。

また、タイミング解析にこの制約は見当たりません。

これはなぜですか。

ソリューション

これはレポート エラーで、次のメジャー リリースで修正される予定です。

このエラーは無視しても問題はありません。
AR# 54627
日付 08/26/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール