UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 54683

2012.4 Vivado インプリメンテーション - Vivado GUI で手動配線を行う方法

説明

Vivado GUI で手動配線を行うにはどうしたらよいでしょうか。

ソリューション

ネットを手動で配線するには、次の手順に従ってください。


1. [Device] ビューで手動で配線したいネットをクリックします。

snap001.png

2. 右クリックして、プルダウン メニューから [Assign Routing Mode] を選択します。

snap002.png
3. モードが変更されました。右側に 2 つのリストが表示されます。

 
snap003.png

可能な配線リソースが点線で表示されハイライトされます。

[Assigned Pip/Nodes] リストには、配線用に既に選択されていいる PIPまたはノードが表示されます。

 4. 可能な配線リソースの 1 つをクリックします。色が変更になり、[Assigned Pip/Nodes] リストに追加されます。 

 snap004.png


5. 右クリックし、[Assign Routing] を選択します。割り当てられた配線がボックスに表示されます。


snap005.png

6. [OK] ボタンをクリックします。配線されたネットが点線で表示されます。これはこの配線が固定されていることを意味します。

 

snap006.png

7. [Save Constraints] ボタンをクリックします。

[File] → [Write Checkpoint] をクリックして、配線されたデザインを保存します。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54795 VIVADO インプリメンテーション - 「Partial Antenna problems, [Drc 23-20]」というエラー メッセージが表示される N/A N/A
AR# 54683
作成日 03/01/2013
最終更新日 12/02/2014
ステータス アクティブ
タイプ 一般
ツール
  • Vivado Design Suite - 2012.4