AR# 54683

2012.4 Vivado インプリメンテーション - Vivado GUI で手動配線を行う方法

説明

Vivado GUI で手動配線を行うにはどうしたらよいでしょうか。

ソリューション

ネットを手動で配線するには、次の手順に従ってください。


1. [Device] ビューで手動で配線したいネットをクリックします。

snap001.png

2. 右クリックして、プルダウン メニューから [Assign Routing Mode] を選択します。

snap002.png
3. モードが変更されました。右側に 2 つのリストが表示されます。

 
snap003.png

可能な配線リソースが点線で表示されハイライトされます。

[Assigned Pip/Nodes] リストには、配線用に既に選択されていいる PIPまたはノードが表示されます。

 4. 可能な配線リソースの 1 つをクリックします。色が変更になり、[Assigned Pip/Nodes] リストに追加されます。 

 snap004.png


5. 右クリックし、[Assign Routing] を選択します。割り当てられた配線がボックスに表示されます。


snap005.png

6. [OK] ボタンをクリックします。配線されたネットが点線で表示されます。これはこの配線が固定されていることを意味します。

 

snap006.png

7. [Save Constraints] ボタンをクリックします。

[File] → [Write Checkpoint] をクリックして、配線されたデザインを保存します。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54795 VIVADO インプリメンテーション - 「Partial Antenna problems, [Drc 23-20]」というエラー メッセージが表示される N/A N/A
AR# 54683
日付 12/02/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール