AR# 54879

2012.4 Vivado - 信号の keep 属性が edif ネットリストでは mark_debug として解釈される

説明

Vivado ツールでネットに対して keep 属性を指定している .edf を取り込む場合、合成したデザインを Vivado で開くと、これらのネットには keep 属性ではなく mark_debug 属性が付いており、追加された属性が保存されます。

ソリューション

信号の keep 属性が Vivado 合成によって HDL で合成されると、その属性は信号に接続されたインスタンスに渡され、.edf では信号自体には付きません (2013.1 では、信号自体の keep 属性は rtl_keep 属性に変更)。ただし、XST および Synplify では .edf でもネット自体に対して keep 属性を指定し、Vivado で mark_debug と解釈させるフローが可能な場合があります。

回避策としては、keep 属性を変更して HDL で保存してください。

AR# 54879
日付 07/25/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール