UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 5489

14.x タイミング - OFFSET IN および OFFSET OUT の算出方法

説明

OFFSET IN および OFFSET OUT はどのように算出しますか。

詳細は (ザイリンクス アンサー 3256) および (ザイリンクス アンサー 8879) を参照してください。

ソリューション

OFFSET OUT AFTER の場合

制約例

NET "MYCLK/bufg_sig" PERIOD = 18 nS
NET "OUTPUT_NET" OFFSET = OUT 8 nS AFTER "MYCLK"

サンプル タイミング レポート

Timing constraint: COMP "OUTPUT_NET" OFFSET = OUT 8 nS

AFTER COMP "MYCLK" ;

1 item analyzed, 1 timing error detected.

Minimum allowable offset is 12.416ns.

-------------------------------------------------------------

Slack:

-4.416ns path MYCLK to OUTPUT_NET relative to
5.234ns delay MYCLK to $Net00005_ and
7.182ns delay $Net00005_ to OUTPUT_NET and
8.000ns offset MYCLK to OUTPUT_NET

このレポートでは、最小許容オフセットは 12.416ns です。 この値は次のように計算されます。

OFFSET - clk2out - clknet = slack.
8.000 ns - 7.182 ns - 5.234 ns = -4.416 ns. これが残り時間です (つまりスラックで、指定されている OFFSET を満たすにはさらに 4.416ns 必要)。

制約が満たされているかどうかを確認するには、指定の OFFSET からスラックを除算します。ここでは 12.416ns になります。

この OFFSET 制約は満たされていません。タイミング制約の詳細は『Timing Constraints User Guide』 を参照してください。 http://japan.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals/xilinx12_1/ug612.pdf


OFFSET OUT BEFORE の場合

制約例

NET ''MYCLK/bufg_sig'' PERIOD = 18 nS
NET ''OUTPUT_NET'' OFFSET = OUT 10 nS BEFORE ''MYCLK''

サンプル タイミング レポート

Timing constraint: COMP ''OUTPUT_NET'' OFFSET = OUT 10 nS
BEFORE COMP ''MYCLK'' ;

1 item analyzed, 1 timing error detected.

Maximum allowable offset is 5.584ns.

-------------------------------------------------------------

Slack:

-4.416ns path MYCLK to OUTPUT_NET relative to
5.234ns delay MYCLK to $Net00005_ and
7.182ns delay $Net00005_ to OUTPUT_NET and
8.000ns offset MYCLK to OUTPUT_NET

このレポートでは、最大許容オフセットは 5.584ns です。 この値は次のように計算されます。

PERIOD - OFFSET - clk2out - clknet = slack.
18 ns - 10 ns - 5.234 ns - 7.182 ns = -4.416 ns. これが残り時間です (つまりスラックで、指定の OFFSET を満たすにはさらに 4.416ns 必要)。

制約が満たされているかどうかかを確認するには、リクエストされた OFFSET にスラックを加算します。ここでは 5.584ns になります。

この OFFSET 制約は満たされていません。

OFFSET IN BEFORE の場合

制約例

NET "PAD_CLK2" TNM_NET = "PAD_CLK2";
TIMESPEC "TS_PAD_CLK2" = PERIOD "PAD_CLK2" 15.0 ns HIGH 50%;
TIMEGRP "bin" = PADS( "BIN<10>" "BIN<11>" "BIN<12>" "BIN<13>" "BIN<9>" );
TIMEGRP "bin" OFFSET = IN 10.0 ns BEFORE "PAD_CLK2";

サンプル タイミング レポート

======================================================================

Timing constraint: TIMEGRP "bin" OFFSET = IN 10 nS BEFORE COMP "PAD_CLK2" ;

8 items analyzed, 0 timing errors detected.

Minimum allowable offset is 3.945ns.

--------------------------------------------------------------------------------

Slack:

6.055ns path BIN<10> to &__A__6 relative to
2.017ns delay constraint PAD_CLK2 to &__A__6 and
10.000ns offset BIN<10> to PAD_CLK2

このレポートでは最小許容オフセットは 3.945ns です。この値は次のように計算されます。

OFFSET - PAD2SETUP + CLKNET = SLACK
10.00 ns - 5.962 ns + 2.017 = 6.055 ns

最小オフセットは次のように計算します。

OFFSET - SLACK = Minimum Allowable Offset
10.00 ns - 6.055 ns = 3.945 ns

この値が、OFFSET IN BEFORE に割り当てられる最小値です。

OFFSET IN AFTER の場合

制約例

NET "PAD_CLK2" TNM_NET = "PAD_CLK2";
TIMESPEC "TS_PAD_CLK2" = PERIOD "PAD_CLK2" 15.0 ns HIGH 50%;
TIMEGRP "bin" = PADS( "BIN<10>" "BIN<11>" "BIN<2>" "BIN<13>" "BIN<9>" );
TIMEGRP "bin" OFFSET = IN 10.0 ns AFTER "PAD_CLK2";

サンプル タイミング レポート

======================================================================

Timing constraint: TIMEGRP "bin" OFFSET = IN 10 nS AFTER COMP "PAD_CLK2" ;

8 items analyzed, 0 timing errors detected.

Maximum allowable offset is 10.686ns.

--------------------------------------------------------------------------------

Slack:

0.686ns path BIN<2> to &__A__6 relative to
2.012ns delay constraint PAD_CLK2 to &__A__6 and
5.000ns offset BIN<2> to PAD_CLK2

このレポートでは最大許容オフセットは 10.686ns です。この値は次のように計算されます。

PERIOD - OFFSET - PAD2SETUP + CLKNET = SLACK
15.00 ns - 10.00 ns - 6.326 ns + 2.012 = 0.686 ns

最大許容オフセットは次のように計算されます。

OFFSET + SLACK = Maximum Allowable Offset
10.00 ns + 0.686 ns = 10.686 ns

この値が、OFFSET IN AFTER に割り当てられる最大値です。

OFFSET IN セットアップの場合、クロック信号とデータ信号のパス遅延は CLOCK パスの最小遅延と DATA パスのワースト ケース (最長ライン) を使用して計算されます。

OFFSET IN ホールドの場合、クロック信号とデータ信号のパス遅延は DATA パスの最小遅延と CLOCK パスのワースト ケース (最長ライン) を使用して計算されます。

OFFSET OUT clock-to-out の場合、CLOCK と DATA パスの両方にワースト ケース (最長遅延) が使用されます。
AR# 5489
作成日 08/21/2007
最終更新日 01/20/2013
ステータス アクティブ
タイプ 一般
ツール
  • ISE - 10.1
  • ISE Design Suite - 11.1
  • ISE Design Suite - 11.2
  • More
  • ISE Design Suite - 11.3
  • ISE Design Suite - 11.4
  • ISE Design Suite - 11.5
  • ISE Design Suite - 12.1
  • ISE Design Suite - 12.2
  • ISE Design Suite - 12.3
  • ISE Design Suite - 12.4
  • ISE Design Suite - 13
  • ISE Design Suite - 13.1
  • ISE Design Suite - 13.2
  • ISE Design Suite - 13.3
  • ISE Design Suite - 13.4
  • ISE Design Suite - 14.1
  • Less