AR# 5489

14.x タイミング - OFFSET IN および OFFSET OUT の算出方法

説明

OFFSET IN および OFFSET OUT はどのように算出しますか。

詳細は (ザイリンクス アンサー 3256) および (ザイリンクス アンサー 8879) を参照してください。

ソリューション

OFFSET OUT AFTER の場合

制約例

NET "MYCLK/bufg_sig" PERIOD = 18 nS
NET "OUTPUT_NET" OFFSET = OUT 8 nS AFTER "MYCLK"

サンプル タイミング レポート

Timing constraint: COMP "OUTPUT_NET" OFFSET = OUT 8 nS

AFTER COMP "MYCLK" ;

1 item analyzed, 1 timing error detected.

Minimum allowable offset is 12.416ns.

-------------------------------------------------------------

Slack:

-4.416ns path MYCLK to OUTPUT_NET relative to
5.234ns delay MYCLK to $Net00005_ and
7.182ns delay $Net00005_ to OUTPUT_NET and
8.000ns offset MYCLK to OUTPUT_NET

このレポートでは、最小許容オフセットは 12.416ns です。 この値は次のように計算されます。

OFFSET - clk2out - clknet = slack.
8.000 ns - 7.182 ns - 5.234 ns = -4.416 ns. これが残り時間です (つまりスラックで、指定されている OFFSET を満たすにはさらに 4.416ns 必要)。

制約が満たされているかどうかを確認するには、指定の OFFSET からスラックを除算します。ここでは 12.416ns になります。

この OFFSET 制約は満たされていません。タイミング制約の詳細は『Timing Constraints User Guide』 を参照してください。 http://japan.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals/xilinx12_1/ug612.pdf


OFFSET OUT BEFORE の場合

制約例

NET ''MYCLK/bufg_sig'' PERIOD = 18 nS
NET ''OUTPUT_NET'' OFFSET = OUT 10 nS BEFORE ''MYCLK''

サンプル タイミング レポート

Timing constraint: COMP ''OUTPUT_NET'' OFFSET = OUT 10 nS
BEFORE COMP ''MYCLK'' ;

1 item analyzed, 1 timing error detected.

Maximum allowable offset is 5.584ns.

-------------------------------------------------------------

Slack:

-4.416ns path MYCLK to OUTPUT_NET relative to
5.234ns delay MYCLK to $Net00005_ and
7.182ns delay $Net00005_ to OUTPUT_NET and
8.000ns offset MYCLK to OUTPUT_NET

このレポートでは、最大許容オフセットは 5.584ns です。 この値は次のように計算されます。

PERIOD - OFFSET - clk2out - clknet = slack.
18 ns - 10 ns - 5.234 ns - 7.182 ns = -4.416 ns. これが残り時間です (つまりスラックで、指定の OFFSET を満たすにはさらに 4.416ns 必要)。

制約が満たされているかどうかかを確認するには、リクエストされた OFFSET にスラックを加算します。ここでは 5.584ns になります。

この OFFSET 制約は満たされていません。

OFFSET IN BEFORE の場合

制約例

NET "PAD_CLK2" TNM_NET = "PAD_CLK2";
TIMESPEC "TS_PAD_CLK2" = PERIOD "PAD_CLK2" 15.0 ns HIGH 50%;
TIMEGRP "bin" = PADS( "BIN<10>" "BIN<11>" "BIN<12>" "BIN<13>" "BIN<9>" );
TIMEGRP "bin" OFFSET = IN 10.0 ns BEFORE "PAD_CLK2";

サンプル タイミング レポート

======================================================================

Timing constraint: TIMEGRP "bin" OFFSET = IN 10 nS BEFORE COMP "PAD_CLK2" ;

8 items analyzed, 0 timing errors detected.

Minimum allowable offset is 3.945ns.

--------------------------------------------------------------------------------

Slack:

6.055ns path BIN<10> to &__A__6 relative to
2.017ns delay constraint PAD_CLK2 to &__A__6 and
10.000ns offset BIN<10> to PAD_CLK2

このレポートでは最小許容オフセットは 3.945ns です。この値は次のように計算されます。

OFFSET - PAD2SETUP + CLKNET = SLACK
10.00 ns - 5.962 ns + 2.017 = 6.055 ns

最小オフセットは次のように計算します。

OFFSET - SLACK = Minimum Allowable Offset
10.00 ns - 6.055 ns = 3.945 ns

この値が、OFFSET IN BEFORE に割り当てられる最小値です。

OFFSET IN AFTER の場合

制約例

NET "PAD_CLK2" TNM_NET = "PAD_CLK2";
TIMESPEC "TS_PAD_CLK2" = PERIOD "PAD_CLK2" 15.0 ns HIGH 50%;
TIMEGRP "bin" = PADS( "BIN<10>" "BIN<11>" "BIN<2>" "BIN<13>" "BIN<9>" );
TIMEGRP "bin" OFFSET = IN 10.0 ns AFTER "PAD_CLK2";

サンプル タイミング レポート

======================================================================

Timing constraint: TIMEGRP "bin" OFFSET = IN 10 nS AFTER COMP "PAD_CLK2" ;

8 items analyzed, 0 timing errors detected.

Maximum allowable offset is 10.686ns.

--------------------------------------------------------------------------------

Slack:

0.686ns path BIN<2> to &__A__6 relative to
2.012ns delay constraint PAD_CLK2 to &__A__6 and
5.000ns offset BIN<2> to PAD_CLK2

このレポートでは最大許容オフセットは 10.686ns です。この値は次のように計算されます。

PERIOD - OFFSET - PAD2SETUP + CLKNET = SLACK
15.00 ns - 10.00 ns - 6.326 ns + 2.012 = 0.686 ns

最大許容オフセットは次のように計算されます。

OFFSET + SLACK = Maximum Allowable Offset
10.00 ns + 0.686 ns = 10.686 ns

この値が、OFFSET IN AFTER に割り当てられる最大値です。

OFFSET IN セットアップの場合、クロック信号とデータ信号のパス遅延は CLOCK パスの最小遅延と DATA パスのワースト ケース (最長ライン) を使用して計算されます。

OFFSET IN ホールドの場合、クロック信号とデータ信号のパス遅延は DATA パスの最小遅延と CLOCK パスのワースト ケース (最長ライン) を使用して計算されます。

OFFSET OUT clock-to-out の場合、CLOCK と DATA パスの両方にワースト ケース (最長遅延) が使用されます。
AR# 5489
日付 01/20/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略