AR# 54915

Vivado IP パッケージャー - IP を作成してパッケージすると、IP コアがブラック ボックスであることを示すエラーがインプリメンテーションで表示される

説明

カスタム IP を作成し、IP カタログにそれを追加しましたが、この IP からコアを生成し、Vivado プロジェクトに追加すると、ブラック ボックスのままになっているようです。
 
合成は完了しますが、このコアがブラック ボックスになります。

合成レポートを確認すると、次のようなメッセージが表示されています。
 

INFO: [Synth 8-637] synthesizing blackbox instance 'U0' of component 'ramsp' [f:/project_1/project_1.srcs/sources_1/ip/ramsp_0/synth/ramsp_0.vhd:91]
INFO: [Synth 8-256] done synthesizing module 'ramsp_0' (1#1) [f:/project_1/project_1.srcs/sources_1/ip/ramsp_0/synth/ramsp_0.vhd:70]

しかし、次のようなブラック ボックス関連のエラーが発生しているため、インプリメントできません。
 

[Opt 31-30] Blackbox U0 (ramsp) is driving pin I of primitive cell dataout_OBUF[0]_inst. This blackbox cannot be found in the existing library.

なぜこのエラーが発生するのですか。回避策はありますか。

ソリューション

IP パッケージのメイン ファイルが IP パッケージャーでインクルード ファイルになっていると、この問題が発生します。

include_snapshot.JPG

IP パッケージャーでこのボックスをオフにし、IP コアを再生成します。 

この後、Vivado プロジェクトにある前のパッケージから IP コアを削除し、新しく変更したバージョンのコアを追加します。

問題なく機能していることを確認するには、Vivado プロジェクトの [Sources] ウィンドウに移動し、[IP source] を展開します。 

すべてのソースが参照されている必要があります。また、疑問符が含まれていてはなりません。

 

proj_snapshot.JPG

 

AR# 54915
日付 01/14/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略