AR# 54988

2012.4 Vivado - write_bitstream コマンドの -logic_location_file オプションを使用すると、プログラムが異常終了する

説明

スクリプトに次の write_bitstream コマンドが含まれています。

write_bitstream -force -logic_location_file {./test/test_1.bit}

このスクリプトを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。

Writing logic location file ./test/test_1.ll...
Abnormal program termination (11)
Please check '/hs_err_pid12939.log' for details

この問題が発生するのはなぜですか。

ソリューション

この問題は Vivado 2012.4 で -logic_location_file オプションが原因で発生します。

この問題は、次のいずれかの方法で回避できます。

  • Vivado 2031.1 にアップグレードします。この問題は 2013.1 で修正されています。
  • -logic_location_file オプションを削除します。
  • 次のコマンド ラインを使用します。
    write_bitstream -ise -force -logic_location_file {./test/test_1.bit}

    このコマンドを使用すると、Vivado の write_bitstream コマンドではなく ISE の Bitgen が実行され、エラーは発生しません。

 

 

AR# 54988
日付 06/09/2014
ステータス アーカイブ
種類 既知の問題
ツール