UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 54997

XADC Wizard v3.0 - Verilog インスタンシエーションの信号名を大文字から小文字に変更

説明

Vivado 2013.1 ツールでは、Verilog でインスタンシエートした XADC Wizard IP を以前のバージョンからアップグレードすると、各ポートに対して次のようなエラー メッセージが表示されます。

"[Synth 8-448] named port connection 'DADDR_IN' does not exist for instance 'XADC_WIZ' of module 'xadc_wiz_v2_4_0' ["/design.srcs/sources_1/new/top.v":40]"

ソリューション

ザイリンクス IP 間で一貫性を持たせるため、コアの Verilog バージョンの信号名がすべて小文字に変更されました。つまり、IP インスタンシエーションの信号名は小文字ということになります。

上記のエラー メッセージ例の DADDR_IN 信号は、v3.0 では daddr_in となっています。

アップグレードした後、デザインのインスタンシエーションで信号名を小文字に変更する必要があります。

AR# 54997
作成日 03/20/2013
最終更新日 06/02/2013
ステータス アクティブ
タイプ 一般
デバイス
  • Artix-7
  • Kintex-7
  • Virtex-7
  • Zynq-7000
ツール
  • Vivado Design Suite - 2013.1
IP
  • XADC ウィザード