AR# 54997

XADC Wizard v3.0 - Verilog インスタンシエーションの信号名を大文字から小文字に変更

説明

Vivado 2013.1 ツールでは、Verilog でインスタンシエートした XADC Wizard IP を以前のバージョンからアップグレードすると、各ポートに対して次のようなエラー メッセージが表示されます。

"[Synth 8-448] named port connection 'DADDR_IN' does not exist for instance 'XADC_WIZ' of module 'xadc_wiz_v2_4_0' ["/design.srcs/sources_1/new/top.v":40]"

ソリューション

ザイリンクス IP 間で一貫性を持たせるため、コアの Verilog バージョンの信号名がすべて小文字に変更されました。つまり、IP インスタンシエーションの信号名は小文字ということになります。

上記のエラー メッセージ例の DADDR_IN 信号は、v3.0 では daddr_in となっています。

アップグレードした後、デザインのインスタンシエーションで信号名を小文字に変更する必要があります。

AR# 54997
日付 06/02/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
ツール
IP