AR# 55194

Vivado 合成 - SystemVerilog に関するベスト プラクティス

説明

このアンサーでは、Vivado 合成での SystemVerilog に関するベスト プラクティスを示します。

ソリューション

Vivado 合成での SystemVerilog のベスト プラクティスは、次のとおりです。

  • 2 値型と 4 値型を混合しないでください。
  • Unique および Priority はランタイム チェックです。

        - Unique および Priority はランタイム チェックなので、合成で使用する際は注意が必要です。

  • Always_ff/Always_latch/Always_comb を使用します。
  • 文字列はリテラルとしてサポートされます。

        - SystemVerilog では文字列はダイナミック型なので、合成できません。

  • 最高の結果を得るため、完全に指定された modport を使用します。
  • モジュール コードに「.*」を使用し、接続エラーを最小限に抑えます。
  • 関数はデフォルトでは自動です。
  • RAM の抽出をイネーブルにするには、同じモジュールで読み出し/書き込みを実行します。
  • localparam の代わりに enum を使用します。

 

AR# 55194
日付 04/09/2013
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール