AR# 55357

|

7 Series Integrated Block for PCI Express v1.8 - ルート ポートにメッセージおよびレガシ割り込みを送信する方法

説明

レガシ割り込みメッセージを生成すると、ROOT COMPLEX は割り込みメッセージを受信しますが、対応する制御信号 (tvalid、tkeep、tuser など) はアサートしません。

ソリューション

メッセージ配信を有効にするには、ENABLE_MSG_ROUTE 属性を次の値に設定する必要があります。

parameter [10:0] ENABLE_MSG_ROUTE = 11'b00000001000,

PCI Express エンドポイント インプリメンテーション

このインプリメンテーションの場合、シミュレーションでは DSPORT (ザイリンクス Root Complex シミュレーション モデル) が ROOT COMPLEX になります。
/<project_directory>/<core_directory>/simulation/dsport/pcie_2_1_rport_7x.v(hd) ファイルで上記のように ENABLE_MSG_ROUTE 属性を変更する必要があります。

PCI Express ルート ポート インプリメンテーション

/<project_directory>/<core_directory>/source/<core_name>.v(hd) ファイルにあるトップ レベルの Root Port PCIe コアで ENABLE_MSG_ROUTE 属性を上記のように変更する必要があります。

改訂履歴
2013/5/7 - 初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54643 7 Series Integrated Block for PCI Express - Vivado 2013.1 以降のバージョンのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 55357
日付 08/27/2013
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
IP
People Also Viewed