UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 55487

14.5 SDK - 以前のバージョンで機能していた SDK プロジェクトに対して SDK エディターに「Type xxx could not be resolved」というエラー メッセージが多数表示される

説明

正しく機能していた SDK のワークスペースを 14.5 に移行して再コンパイルすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

"Type xxx could not be resolved"

プロジェクトは正しくコンパイルされています。

これをディスエーブルにするにはどうすればよいですか。

ソリューション

SDK エディターで、次のようなメッセージが表示されます。

Eclipse 3.8 には CODAN という新しいスタティック コード解析ツールが導入されており、デフォルトでイネーブルになっています。

コード解析エラーおよび警告を非表示にするには、次の手順に従います。

  1. [Window] → [Preferences] をクリックし、[C/C++] → [Code Analysis] を選択してすべてのチェック ボックスをオフにします。
  2. [OK] をクリックして変更を適用します。

 

AR# 55487
日付 04/10/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Zynq-7000
ツール
  • EDK - 14.5
このページをブックマークに追加