AR# 5572

CPLD XC9500 CoolRunner-II - グローバル信号 (クロック、リセット、出力イネーブル) を内部配線する方法

説明

信号を内部生成し、それをグローバル信号に配置する必要が出てくることがあります。

しかし、グローバル ピンとグローバル バッファーとの間には、使用できるロジックがありません。

チップから信号を配線して、それを該当グローバル ピンに配線するということをせずに、何かほかの方法はありますか。

ソリューション

グローバル ネットに配置する必要のある信号に、次の制約を使用します。

 

BUFG=CLK|OE|SR; 

 

警告 : XC9500/XL/XV および CoolRunner-II ファミリの場合、この制約を使用するとグローバル ピンがアクティブになります。


この方法で使用するグローバル ピンがボード上では接続されていないことを確認してください。 

 

例 :

 

内部生成されたノードをグローバル クロック バッファーに配置するには、UCF に次のように入力します。

 

net my_net BUFG=CLK; 

 

グローバル出力イネーブルの場合は、「CLK」を「OE」に、グローバル セット/リセットの場合は「CLK」を「SR」に置き換えます。 

 

グローバル クロック ピンは双方向ロジックをサポートしないため、このソリューションは CoolRunner XPLA3 デバイスを対象にはしていません。 


また、XPLA3 デバイスには、グローバル セット/リセットまたは出力イネーブル ピンはありません。 

 

CPLD に関するその他の一般的な質問がある場合は、CPLD FAQ である (ザイリンクス アンサー 24167) を参照してください。

添付ファイル

関連添付ファイル

AR# 5572
日付 06/27/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略