AR# 55858

|

14.5 iMPACT/ChipScope - JTAG を介した Virtex-7 580T GES のプログラム

説明

iMPACT または ChipScope ツールを使用し、JTAG で Virtex-7 580T GES をプログラムしようとすると、コンソールに次のようなエラー メッセージが表示されてプログラムできません。

'1': Configuration data download to FPGA was not successful. DONE did not go high, please check your configuration setup and mode settings."

JTAG プログラミングができるようにするにはどうしたらよいでしょうか。ボードやデバイスに何か問題がありますか。

ソリューション

1.0 シリコンと 2.0 シリコンでは JTAG のプログラムに必要なプログラミング アルゴリズムが異なります。2 つのアルゴリズムはツールで切り替えることができます。デフォルトのアルゴリズムは 1.0 シリコンをターゲットにしています。両方のアルゴリズムを有効にするパッチ ファイルがこのアンサーの最後に添付されています。

インストール方法

  1. 55858.zip をダウンロードします。
  2. Windows の場合は C:\Xilinx\14.5\ISE_DS\ISE\ に、Linux の場合は ./Xilinx/14.5/ISE_DS/ISE/ に抽出します。


パッチをインストールした後の手順

  1. 580T デバイス コンフィギュレーションのバージョン 2 をターゲットにするには、環境変数 XIL_CSE_V2FUJI5 を 1 に設定します。
  2. バージョン 1.0 およびその他すべてのデバイス ファミリの変数設定を解除します。*

* このパッチはツールのすべての JTAG アルゴリズムに影響します。ほかのデバイスをターゲットにする場合は、環境変数の設定が解除されていることを確認する必要があります。


この問題は、iMPACT 14.5 および Vivado 2013.2 で修正されます。iMPACT 14.5 および Vivado 2013.2 では、この環境変数を使用する必要がなくなります。この修正がその他のデバイスのコンフィギュレーションに影響を与えることはありません。

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
55858.zip 1 MB ZIP

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
55856 Virtex-7 580T XC7VH580T (GES) - 既知の問題のマスター アンサー N/A N/A
AR# 55858
日付 06/09/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
People Also Viewed