AR# 56195

Zynq-7000 SoC のデザイン アドバイザリ - ES シリコンでは機能していたデザインがプロダクション シリコンではブートしない

説明

Zynq-7000 SoC のプロダクション デバイスは、機能およびセキュリティの面で改善されており、プロダクション ブート ROM に新しいエラー チェック機能が追加されています。

この結果、ES でブートしていたデザインの一部がプロダクション シリコンでブートしない可能性があります。

次に、この動作が見られる問題を説明したアンサーのリストを示します。

Zynq-7000 SoC に関するすべての質問は、Zynq-7000 SoC ソリューション センター (Xilinx Answer 52512) を参照してください。

ソリューション

シリコン リビジョン間の違いは、次の資料およびアンサーを参照してください。

次に、デザインを ES からプロダクション シリコンに移行する際に発生する可能性のある問題のいくつかを示します。

主な状況: 電源投入時に、どのブート モードでも、JTAG チェーンが DAP に表示されない

  • その他の状況: INIT_B が Low になってそのままになり、iMPACT でチェーンの初期化中に「Added Device UNKNOWN successfully.」というメッセージが複数表示される
    デバッグ手順: VCCMIO、POR_B、SRST_B、および PS_CLK を 1 つのスコープでキャプチャします。
    (Xilinx Answer 52847) SRST および POR 信号の順序

 

  • その他の状況: INIT_B が Low になってそのままになるか、INIT_B が Low にならない
    デバッグ手順: POR_B、SRST_B、PROG_B、および INIT_B を 1 つのスコープでキャプチャします。
    (Xilinx Answer 56272) ブート中は PROG_B を High にプルアップする必要がある

 

  • その他の状況: INIT_B が Low にならない、ブートが断続的になることがある
    デバッグ手順: システムを JTAG モードで PLL をバイパスして (MIO[6] = 1 を使用) ブートします。
    (Xilinx Answer 54195) VCCPLL の扱い

 

  • その他の状況 : INIT_B が Low にならない、ブートが断続的になることがある
    デバッグ手順: POR_B、INIT_B、および最後の PL 電源のスコープ キャプチャを 1 つ取ります。
    (Xilinx Answer 63149) PS_POR_B リセット シーケンスによりセキュア ロックダウンがトリガーされる

主な状況:システムが QSPI/NAND/SD ブート モードでブートしない

  • その他の状況: FSBL が実行中に停止する
    (Xilinx Answer 55707) 32 ビットの HP AXI ポートを使用すると FSBL をブートできない

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

AR# 56195
日付 06/13/2018
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス
ツール