AR# 56446

14.6 XPS/SDK - Zynq デバイスの GCI への外部割込みの追加方法

説明

どうすれば XPS で Zynq デバイスの GCI に外部割込みを追加できますか。

ソリューション

XPS に外部割込みを追加するには、MHS ファイルを開いて次のように最上位ポートにポートを追加します。

  PORT interrupt = interrupt, SIGIS = INTERRUPT, SENSITIVITY = EDGE_RISING, DIR = I

注記 : 外部ポートの作成方法の詳細は、『プラットフォーム仕様ガイド』の第 2 章を参照してください。
 
http://japan.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals_j/xilinx14_5/psf_rm.pdf

これが終了したら、XPS の [System Assembly View] で [Ports] タブを開きます。 

[Interrupt Controller] ドロップダウンから [processing_system7_0] を選択し、[Connected Port] 列で [L to H No Connection] を選択します。

GUI で、青色の矢印を使用して割り込みを [Connected Interrupt(s)] フィールドに追加します。

注記 : 最初に追加された割り込みは IRQ_F2P ポート 91 に接続され、2 つ目の追加された割り込みは IRQ_F2P ポート 90 に接続されます。

SDK にエクスポートします。

Zynq デバイスで外部割込みを使用するサンプル アプリケーションの場合は、このアンサーの最後に添付されている interrupt_app.c を参照してください。

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
interrupt_app.c 3 KB C
AR# 56446
日付 10/22/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール