UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 56502

Soft Error Mitigation Controller v4.0 - XC7VH580T をターゲットとした場合に SSI makedata.tcl を実行するとエラー メッセージが表示されることがある

説明

この問題は、外部 SPI メモリを使用しており、[Error Correction Method] で [Replace] をオンにしている場合、または[Enable Error Classification] をオンにしている場合に発生することがあります。

外部メモリ ファイルを生成して makedata.tcl を実行すると、エラーが発生することがあります。

ソリューション

この問題は XC7VH580T でのみ発生し、現在調査中です。 

.tcl を実行したときに次のようなメッセージが表示されることがあります。

can't read "ebc_exists": no such variable" 

最新の回避策を入手するには、http://japan.xilinx.com/support.html からウェブケースを開いてください。

 


アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54642 Soft Error Mitigation IP コア - Vivado 2013.1 およびそれ以降のバージョンのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 56502
日付 06/17/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
IP
このページをブックマークに追加