AR# 56558

14.6/2013.2 FSBL - デュアル スタックド QSPI から起動しない

説明

フラッシュをスタックド モードで接続すると、14.6/2013.2 FSBL が QSPI から起動しません。

ソース アドレス処理ロジックが不正です。

ソリューション

この問題を解決するには、該当するパッチを適用してください。

14.6 EDK または 2013.2 SDK のどちらを使用しているかによって、2 つのパッチがあります。

この FSBL の問題は、14.7 および 2013.3 で修正されています。

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
ar56558_EDK_FSBL_14_6_Preliminary_rev1.zip 8 KB ZIP
ar56558_SDK_FSBL_2013_2_Preliminary_rev1.zip 8 KB ZIP

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
58102 2013.3 SDK/14.7 iMPACT - QSPI フラッシュ プログラムに関連する問題 N/A N/A
AR# 56558
日付 06/17/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
ツール