AR# 5666

Virtex コンフィギュレーション - 複数の Virtex デバイスを SelectMAP モードでコンフィギュレーションする方法

説明

キーワード : configure, active, コンフィギュレーション

SelectMAP モードで複数 Virtex デバイスをコンフィギュレーションし、すべてのデバイスを同時にアクティブにする方法を教えてください。

ソリューション

1

CCLK、Data、/WRITE、BUSY、DONE、および /INIT ピンを並列に接続します。各 Virtex デバイスは /CS ピンをアサートすることで別々に読み込まれます。

ホスト プロセッサで、次の手順を実行します。

- /WRITE ピンを Low に設定します。

- シーケンス A
1. 1 つの Virtex デバイスの /CS を Low に設定します。
2. コンフィギュレーション データを送信します。
3. ビットストリームの最後で /CS ピンを High に設定し、Virtex デバイスの選択を解除します。
4. すべての Virtex デバイスに対してシーケンス A を繰り返します。

- データ ソースをディスエーブルにします。

- コンフィギュレーションが完了され、すべてのデバイスが解放されると、DONE ピンが High になります。

SelectMAP のプログラム シーケンスは、Virtex 2.5V データシートの図 17 のフロー チャートを参照してください。

Virtex 2.5V FPGA データシート
http://japan.xilinx.com/support/documentation/virtex_data_sheets.htm

2

次の条件の場合、外部回路を使用せずに、SelectMAP モードで複数の Virtex デバイスをコンフィギュレーションできます。

- SelectMAP ピンが保持されていない (-g Persist:No を設定)。
- すべてのデバイスが同時にスタートアップしない (DONE ピンが接続されていない)。
- 余分な I/O ピンが 1 つある。

各デバイスのデザインには、常にグラウンドに接続されている I/O を 1 つ追加する必要があります。この I/O は、ボード上で SelectMAP チェーンの次の Virtex デバイスの /CS ピンに配線する必要があります。モード ピンを (010) に設定して、コンフィギュレーション前にすべてのデバイスをプルアップする必要があります。最初のデバイスがスタートアップすると、次のデバイスの /CS ラインが Low に駆動され、効率的にコンフィギュレーションが行われます。

この方法は、XC18V00 PROM を使用する場合や同様の方法でデータ ストリーム均一に送信する場合に有益です。
AR# 5666
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般