AR# 56706

LogiCORE Video Scaler v8.0 - Video Scaler をシミュレーションしようとすると、「Index X out of bound X downto X」というシミュレーション エラー メッセージが表示される

説明

Video Scaler v8.0 を使用してビヘイビアー シミュレーションを実行すると、次のようなエラーが発生します。

FATAL_ERROR: Index 102 out of bound 101 downto 0
Time: 399611250 ps  Iteration: 1  Process: /top_tb/uut/scaler0/U0/Scaler1/Scaler_RTI_inst/Scaler_wrap0_inst/Scaler_wrap0_core_u/scaler_top_inst/generateconfig4/Inst_scaler_Y/LineBuff/linebuf1/generatedoutreadfirstb/line__309
  File: c:/scaler_test/scaler_test.srcs/sources_1/ip/scaler/v_scaler_v8_0/hdl/vhdl/MemXLib_arch.vhd
Warning: CONV_INTEGER: There is an 'U'|'X'|'W'|'Z'|'-' in an arithmetic operand, and it has been converted to 0.
Time: 1125 ns  Iteration: 0  Process: /tb_v_scaler_0/uut/U0/Scaler1/Scaler_RTI_inst/Scaler_wrap0_inst/Scaler_wrap0_core_u/scaler_top_inst/generateconfig1_3/Inst_coefmem/generatefixedcoeframs/CoefMem/generatedoutreadfirsta/line__210      File: /scaler_sim/project_1/project_1.srcs/sources_1/ip/v_scaler_0/v_scaler_v8_1/hdl/vhdl/CoefRAM.vhd
@             1510000 : [AXI-S Video Slave  1] set to Passive Mode ...
@             1510000 : CE Generator : Enabled (always asserted)
@             2010000 : [AXI-S Video Master 1] STARTED
@             2010000 : [AXI-S Video Slave  1] STARTED
ERROR: Index 2560 out of bound 2559 downto 0
Time: 56345 ns  Iteration: 0  Process: /tb_v_scaler_0/uut/U0/Scaler1/Scaler_RTI_inst/Scaler_wrap0_inst/generatesingleinputbuffer/ScalerInObjFIFO/memory0/generatedoutwritefirstb/line__2487
  File: /scaler_sim/project_1/project_1.srcs/sources_1/ip/v_scaler_0/v_scaler_v8_1/hdl/vhdl/MemXLib_arch.vhd
HDL Line: /scaler_sim/project_1/project_1.srcs/sources_1/ip/v_scaler_0/demo_tb/tb_v_scaler_0.v:327

ソリューション

これは、Video Scaler の一部のコンフィギュレーションで発生することがある既知の問題で、ツールの今後のリリースで修正される予定です。

これはシミュレーションのみの問題で、インプリメンテーションには影響しません。ハードウェアで実行可能なビットストリームは、問題なくインプリメントできます。

この問題を回避するには、2 つの方法があります。

  • 合成後の論理シミュレーションを使用する。
  • Scaler に対して構造シミュレーション モデルを使用して、ビヘイビア シミュレーションをバックアノテートする (write_vhdl/write_verilog tcl コマンドを使用)。
    Vivado 2013.3 以降のツールでは、DCP ファイルを生成すると自動的に v_scaler_0_funcsim.v.vhdl が生成されます。Video Scaler に対するシミュレーション ファイルは、v_scaler_0_funcsim.v/vhdl ファイルで置換できます。最も簡単にこれを行うには、新しいシミュレーション セットを作成し、テストベンチ ファイルおよび v_scaler_0_funcsim.v/vhdl を指定します (xci ファイルを使用するのではなく)。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54540 LogiCORE IP Video Scaler - Vivado 2013.1 およびそれ以降のバージョンのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 56706
日付 12/09/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
IP